タイ夜遊び~夜の英単語20選

この記事は約9分で読めます。

おいでや~す、熟年旅リスタまこぼんです。

シニアだってますます元気!!
ってことで、今日も始めていきますよ~


タイに行ってみたい、タイで夜遊びしてみたいって方々も多いかと思います。

タイのナイトライフブログなんかを眺めてると、いろいろと業界用語(笑)が出てきて意味わからんっすよね。

そこで、まこぼんなりにタイ夜遊び~夜の英単語20選をまとめました。

私のブログでは、夜の英単語は全てこの用語集にリンクして飛ぶようになってます。

ぜひご活用くださいね。

タイ夜遊び~夜のスラング13選もありますので合わせてどうぞ。

あ行

オフ(off)

夜のお嬢さんをお店から連れ出すこと。

いわゆるお持ち帰り。

連れ出しできない女の子をノンオフ嬢と言ったりします。

オフするにはバーファインが必要。

か行

コヨーテ(coyote)

GoGoバーなどのステージでダンスすることを専門とするお嬢さん。

枯れ木も花の賑わいって譬えがあるけど、そのの役目。

盛り上げ要員ってお嬢さんも多いみたい。

お持ち帰りできないホステスさんだと思っておけばいいけど、女の子によってはワンチャンもあり(笑)

コヨーテさんだけの高級コヨーテ・バーというお店もあって、近年お金持ちがパパ活狙いのコヨーテさんを探す場にもなってます。

コンチア(khon-cheer)

特にマッサージ・パーラー(MP)で、ゲストに付いてアテンドを担当するスタッフさんのこと。

コンチアとかコンシアといった呼び方をします。

タイ語のkhon、英語の応援cheerの合成語で、サポートスタッフの語彙かと。

または、ホテルのコンシェルジェconciergeから派生したという説も。

金魚鉢ひな壇に並ぶお嬢さんたちの指名を取ったり、ドリンクや食事のオーダーを受けたりするフロント係のようなスタッフさんですね。

コンチアによっては、人を見てお嬢さんの玉代を高く吊り上げる人もいるらしいので注意が必要。

玉代は事前によく調べて行きましょう。

アテンドのお礼に100฿程度のチップを渡しておくと良い。

さ行

サイドライン(sideline)

主にマッサージ・パーラー(MP)界隈で使われる、お嬢さんの見た目ランクや料金レベルを表す隠語。

若くて美形、玉代も高めなお嬢さん方をサイドラインといったりします。

モデルクラス(Mクラス)もサイドラインの分類に含まれるかと。

タマダーが普通ランク、普通ランクより上がダラー、さらに上級で別室などにいるレベルがサイドラインという感じで良いと思います。

女性の好みはひとそれぞれ、あくまで主観的な話なのでご参考程度に。

ショート(short)

お持ち帰りで遊ぶ際の時間の長さで、1回戦のこと。

きっちり決まったタイムスパンは無いけど、1回戦が終わるとお嬢さんはそそくさと帰っていきます。

ショートだと、おおよそ60分から90分くらいが目安かと。

ショートの他にロングがあります。

ジョイナーフィー(Joiner Fee)

お嬢さんと一緒にホテルの部屋へ入るのに、ホテルが徴収する入館料。

JFと表記されることが多し。

歓楽街周辺のホテルの多くは、ジョイナーフィーが無料というところがほとんど。

ホテルによってはJFを取った上に、お嬢さんのIDカードを一時預かりするところもあるので、夜遊びするなら事前にJFの有り無しなど確認することをおすすめします。

た行

タマダー(tham ma daa)

タイ語で普通の意味。

主にマッサージパーラー(MP)で使われる言葉で、金魚鉢ひな壇に並ぶ、玉代が庶民レベルのお嬢さんのこと。

金魚鉢に並ぶ中で、タマダーより上のクラスがダラーと呼ばれます。

さらに別室などに控えている上級クラスのお嬢さんをサイドラインといったりします。

チップ(tip)

プレイ後に客がお嬢さんへ直接渡す花代のこと。

主にGoGoバーバービアで、お嬢さんをお持ち帰りする際に、お嬢さんと直接交渉で契約金額が決まります。

とはいえ、もちろん業界相場あり。

一般的にはお店のスタッフに渡すお小遣いもチップといいますね。

ティーラック(thii rak)

タイ語で、愛するあなたの意で、英語で表現すれば、マイ・ダーリン❤

オキニのお嬢さんに入れ上げると、特に私らのような目上のオヤジに、

あなたはティーラック

なんていって気を惹いてきます。

これはあくまで、彼女たちが仕事を円滑に進めるための営業トークなので、嘘でも決して悪気はありません(笑)

ここはこちらもビジネスライクに、ギュッと財布の紐を閉めましょう。

デック(dek)

GoGoバーで、客をアテンドし、お嬢さんたちの指名を取ったり、ドリンクや食事のオーダーを受けたりするスタッフのこと。

デック・サーブdek serveというのが正式名称。

タイ語でデックは子供の意味。デック・サーブで給仕とでもいいますか。

MPコンチアと役割は似ていますが、飲み屋のウェイターに近いイメージ。

ただし、デックと仲良くなると、いろいろと融通を聞いてくれたりするので、決して邪険に扱ってはいけません。

ドリンクをご馳走してあげたり、帰り際にチップをあげたりして懐柔しましょう。

は行

バーファイン(bar fine)

お嬢さんを店外へ連れ出す際に、お店に支払う損害補償のこと。

BFとも表記される。

英語のfineは、罰金のこと。

女の子を連れ出すなら、店の損になるからその分を埋め合わせてね、といった意味合いでしょう。

なので、相場はあるとして、バーファインの金額はお店によって異なります。

ペイバーという別表現もありますね。

バタフライ(butterfly)

花から花へと飛び回る蝶のように、夜のオキニをとっかえひっかえする遊び人のこと。

お嬢さんからすれば、営業努力で繋ぎとめた金ヅルが、あちこちの商売敵に手を出すのは死活問題。

疑似恋愛でもこうした浮気は嫌われます。

ただし、お嬢さんが浮気に怒るのは、あくまでATMの暗証番号が他のお嬢さんの手に渡るのが悔しいという商売上の理由なだけで、決して恋愛感情からくる嫉妬心じゃないことは心しときましょう(笑)

ファラン(farang)

欧米人の白人に対するタイでの俗称。

特に夜のお嬢さんたちや夜遊び好きのファラン自身も、白人をそう呼称することが多々。

西欧のキリスト教徒を指すfaranjiというアラビア語が語源との説、フランス人意味するfarangsetから由来するとの説もあります。

タイにどっぷりハマって、長期在住者となった欧米人を沈没ファランといったりいわなかったり(笑)

私たち日本人が、彼らに面と向かってファランと呼ぶのは避けたほうが無難。

フリーランサー(freelancer)

夜の街角に立ってビジネスに励むお嬢さんのこと。

ランサーなどと略すこともありますね。

タイの夜の街には、フリーランサーがとても多くて、歓楽街には必ずお嬢さんたちが集まっくるスポットが多数あります。

代表的スポットを挙げれば、バンコクなら、テーメーカフェ、ソイ7ビアガーデン、ナナホテル前、ソイナーナー通り沿い、ナナ駅からアソーク駅までのスクンビット通り沿い、パタヤやプーケットなら、ビーチロード沿いなどなどです。

クラブやディスコの中でも交流が盛んに行われてます。

フェーン(fean)

恋人を意味します。

そもそもは英語のfanがタイ風に解釈されて、既婚・未婚問わず、恋愛関係にある相手に対する呼称になったそう。

疑似恋愛中のお嬢さんから意味深に、

あなたは私のフェーン

といわれた時は、最大限の慎重さが求められます(笑)

ティーラックなら軽い感じ、ギックkikだとセフレに近い感覚でしょうが、フェーンとなると、お嬢さんの心の中に疑似恋愛から本物の恋愛感情が芽生えた可能性があるからです。

それでも、騙し騙されるのが疑似恋愛の通常運転ですから、修行僧のように冷静な目で見極めないと、痛い目をみることになるのでご注意を(笑)

ブンブン(bunbun)

お嬢さんとプレイすること。

英語でセックスすることを表すスラング、boom boomから派生したといわれてます。

タイのナイトスポットでは、当たり前のように飛び交う言葉なので、恥も外聞もなくブンブンブンブン言いまくりましょう(笑)

ただし、あくまで下品にならないよう、笑いをとるためのギャグとしてご利用ください。

ペイバー(pay bar)

バーファインと同じ意味。

PBと表記されます。

ペイバーするなんて表現が多用されます。

ら行

リンガベル(ring-a-bell)

主にバービアで繰り広げられるお大尽遊びのひとつ。

ほとんどのバービアで店に入ると、謎の釣鐘がぶら下がっていることに気付くでしょう。

羽振りのいい方が、このベルをからんからんと威勢よく鳴らすと、その店にいる全員にテキーラなどのショットグラスが用意されます。

その場にいるゲストを含め全員だったり、フロアスタッフ全員だったりと、ショットグラスが配られる先はケースバイケースだったりしますが、

用意が整うと鐘を鳴らした張本人を囲んで、盛大な乾杯の音頭が発声されます。

お嬢さんたちはノルマをこなせるので大喜び、店も売り上げが上がって大歓迎ですよね。

え?誰がその分のお代を払うのかって?

もちろんその鐘を鳴らしたお大尽さまですよ(笑)

似たようなお大尽遊びに、カリオストロの城でルパンと次元がフィアット500からゴート札を投げ捨てるシーンがごとくバーツをばら撒きまくるという20฿札バラマキや、

1,000฿ほどで25個のピンポン玉を買って、ステージ上のお嬢さん方がバック目当てに争奪戦を繰り広げる戦場に玉を投げ入れるというピンポンタイムなどがあって、

お嬢さんたちが歓喜の嬌声を上げること間違いなしなんですが、

あくまで財布とご相談のうえ、自己責任でお願いします(笑)

レディーボーイ(ladyboy)

男の娘のこと。LBと表記されることも。

性の多様性に寛大なタイでは、多くのレディーボーイGoGoバーバービアで働いてます。

余程の目利きじゃないと、彼女たちが生まれながらの女性かどうかは見分けられません。

それだけ美形ばかりなのがレディボーイのお嬢さんたち。

完全に性転換を果たしたお嬢さんも多く、男性器を残した方々もいます。

タイの夜の街では、必ず出会うことになるので、女性として優しく接しましょう。

ロング(long)

お持ち帰りで遊ぶ際の時間の長さで、基本的には朝までお付き合いできること。

元気があれば、夜を徹して何回でもリベンジする猛者も(笑)

連れ立って食事に行ったり、飲みに行ったり、踊りに行ったりして、朝まで夜通し遊ぶのもOK。

一晩中、遊び相手が欲しい時に、ロングをお願いするといいでしょう。

お嬢さんによっては、1回戦が終わったら早々に引き揚げてしまう方もいるので、連れ出す前にしっかり確認しておくと良いかも。

また最近では、4時間くらいを目安にサービスタイムが終了っていう、ショート+αのセミロングとでも呼んだほういいような接客も、ロングと呼ぶことがあるので注意が必要。

ショートロング、セミロングとそれぞれにチップが異なりますので、お嬢さんとよく話し合ってみてください。

それでは今回はここまで。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

ついでに、ポチっとシェアよろしくお願いします!

では、また次回までボンボヤージュ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました